マイカーローンの負担が大きい

車を買った際に組んだマイカーローン、またははディーラーでのローンの返済が負担となっており、生活が苦しくなっている方はいないでしょうか?

 

早くに車が欲しいばっかりによく考えずにローンを組んでしまい、いざ返済開始となると思わぬ負担の大きさで折角買った車でのお出かけもできないほどに余裕が無くなり、毎月の支払いに頭を抱えている状況も少なくありません。

 

 

マイカーローンやディーラーローンを借りる前にしっかりとシミュレーションをしなかったのが悪いのは言うまでもありませんが、それでも高い金利や大きな負担のローンのまま支払いを続ける必要はありません。

 

マイカーローンは借り換えによって見直しをすることで毎月の返済や支払い総額をぐっと抑えられるようになりますので、今のローンの金利が高い、負担が大きいと感じているのであれば、マイカーローンの借り換えを考えてみましょう。

 

借り換えを行う際にはまずは借り換えに関する基本を知る必要がありますので、金利が低い金融機関を調べる意味でもマイカーローンの借り換えネット申し込みをチェックしてください。

 

マイカーローンの金利が高い

給与や支出の関係で家計の見直しを図るときに、酒やタバコを減らす、保険を見直すなどがあります。見直しのきっかけとなるものはたくさんありますが、リスクも少なく、我慢も必要なく、それでいて大幅な節約になる可能性のあるものが1つあります。

 

それはマイカーローンです。もしもディーラーに勧められたままにマイカーローンを組んでいるのであれば、金利が高すぎる可能性があります。今はディーラー以外の所でマイカーローンを自分で組んでいる人が増えています。自分で申し込む分手間がかかるのにも関わらずローンを探す理由は、それだけ金利の差が大きいからです。

 

マイカーローンの金利差

選ぶローン会社によって、金利には大きな差があります。ディーラーローンの場合、金利が7.0%を超える場合もあります。一方、銀行や労金などのマイカーローンを利用すると、金利が2.0%以下になる場合もあります。

 

金利差が5%以上、かかる利息が1/3以下となると、返済総額の差も大きいです。金利差や借入額によっては、10万円以上の節約になるケースもあります。

 

何故ディーラーローンが高いのか、ディーラーローンの金利の中には、ディーラーへの利益も含まれています。その分も金利が上乗せになってしまいます。

 

ローンの金利が変わっても車が変わるわけではありません。何かを我慢するわけでもありません。ただただ毎月の返済の負担が減るだけです。一般的な節約との違いは、生活の上で何かを我慢する必要がない点です。

 

マイカーローンの見直し

すでにディーラーとマイカーローンの契約をしているからと諦める必要はありません。確かに、すでに結んだローンの契約を取り消すわけにはいきません。それでも、すでに組んでいるマイカーローンを他社へ借り換えすればいいのです。

 

今のマイカーローンを借り換えするだけで、節約できます。

 

マイカーローン借り換えの方法

金利や返済総額を考えて、借り換えしたいマイカーローンが見つかったら、まずは仮審査の申込みです。問題がなければ本契約、借り換えです。今まで組んでいたマイカーローンへ一括返済のお金を振り込むなどの作業は必要ありません。マイカーローンの借り換えの場合、借り換え元への返済は借り換え先から直接行われます。

 

借り換え先では返済金額や手順が変わる場合もあります。手続き後の支払いもスムーズに行うために、返済方法などについてはきちんと確認しておくとよいでしょう。

 

借り換えで借りるにあたっては人気や評判、おすすめとされるローンを選ぶのが無難で、借り換え先で迷ったのであればマイカーローンで使えるおすすめローンを参考にすると良いです。